×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

車検の達人では車検の疑問やお得になる車検&保険情報・メンテナンス・工具を紹介しています
車検の達人

車検の達人

車検とは
車検でかかる費用
車検でのチェック箇所
保険の選び方
車検の実施方法
車検か買い替えか?
廃車で得するには
PR賞品当選者続々!ホリデー車検!
「ロケットパワーにんじん君」禁断のガソリン代を安くする秘密兵器(節約向けページ)【ロハスショップe店屋.com】

ユーザー車検の達人

ユーザー車検とは
ユーザー車検の費用
車検に行く前に
ユーザー車検に行こう
ユーザー車検の予約

車の豆知識

工具を揃えよう
オイルの選び方
オイル交換判断方法
オイル交換をしよう
ワイパーゴムの寿命
ハイオクとレギュラー
交通ルール




























































ハイオクとレギュラーの違い


最近はセルフのガソリンスタンドも増えてきて自分でガソリンを入れる機会も増えたと思いますが
給油する時アナタはレギュラーとハイオクどちらを入れますか?

自分は子供の頃から「レギュラー満タン」という台詞を聞いていたのでいつしか
自分も同じ台詞を言ってました。


さて、このレギュラーとハイオクの違いですがよく「ハイオクの方が燃え易い」と
勘違いされてる方も多いかと思いますが実際は「燃えにくい」です。


スポーツカーなどの高性能エンジンはエンジンの中の温度が高くなるので
スパークプラグで点火する前後で予定外の点火が起こりノッキングという
現象がおきます。(ハイオクはアンチノック性能が高いということです)

このノッキングを抑える為にスポーツカーや高性能エンジンには
ハイオク指定」という条件が付けられます。

よってハイオク指定車にレギュラーを入れるとパワーダウンや
エンジン不調の原因になりますがレギュラー車にハイオクを入れるても
特に不具合はありません。

しかし、ハイオクは値段が高いぶん色々な添加剤が使われています。
メーカーにより成分は異なりますが摩擦調整剤やエンジン洗浄剤など
エンジンに優しい&環境に優しい添加剤がレギュラーより多く含まれます。

レギュラー車にハイオクを入れると燃費が良くなる事もあるので
レギュラーとハイオクで燃費計算をしてみると面白いかもです。



計算式

@燃料が空の状態で給油をする
Aトリップメーターを0にする
B燃料が空になったら給油する
Cその時の走行距離をメモする

走行距離/給油量=ガソリン1Lあたりの走行距離


以上の簡単な計算で出来るので給油したら携帯などで
計算してみてください。
燃費走行を心がけてる人はこの「ガソリン1Lあたりの走行距離」を気にしながら
走ると自然に燃費が良くなりますよ。



燃費が気になる方は↓


「ロケットパワーにんじん君」のユーザーの声を見ると
アナタの車と同じ車に乗ってる人の感想も載ってるかもですよ
雑誌にも掲載され、結構人気がありますよ!!
スパナ一本で簡単5分装着が出来ます!
そんなお手軽さからもオススメ商品です。

エンジンが本来の力を発揮するには
良い混合気&良い圧縮&良い点火が必要です!
そのうちの点火を強化するパーツになります。

※にんじん君の効果が現れにくい車種。(日産の新しいVQエンジン
(スカイライン、フェアレディZ、ステージア、エルグランド)
及び1999年以降の日産セレナ

と、きちんと評価されたユーザーレビューが豊富なので効果が分かりやすいです。






☆ここからは雑学なので興味のない方はスルーしてください

ガソリンは炭化水素(HC)で構成されていてハイオクとレギュラーの違いは精製方法と添加剤によるものです。

■直留ガソリン
原油から直接蒸留して作られるガソリンでオクタン価は65〜70と低いです。
その為、自動車には適していません。


■分解ガソリン
灯油や経由を触媒で化学変化を起こし、熱分解させます。
その後、再蒸留させオクタン価を90〜95にしています。


■改質ガソリン
直留ガソリンのような低オクタン価のガソリンを触媒などで化学変化を起こさせ改質させ
オクタン価95〜105に高められてますね




品質を保つために

●オクタン価
アンチノック性が高いイソオクタン(オクタン価100)とアンチノック性が低い(というかオクタン価は0)を混合して標準燃料を作ります。
オクタン価100以上にはトルエン(オクタン価120)を添加しています。


●酸化安定性
ガソリンを長時間放置しておくと酸化してきて本来の性能が低下するので
酸化防止剤を添加して酸化安定性をよくしている


●揮発性
ガソリンは液体を気化させ、空気と混合させているので
揮発性が高いと夏場にベーパロックを誘発します。
逆に揮発性が低いとうまく空気と混合できなくなるので加速性が悪くなったり冬場の始動が困難になります。



これに各種添加剤を用いています。

●洗浄剤
ガソリンが劣化するとカーボンやスラッジがインジェクターなどに溜まると燃料噴射がうまくいかず加速性が低下したりトルクが低下し燃費も悪くなります。
その為、ハイオクガソリンには洗浄剤が添加されてます。

●酸化防止剤
ガソリンに含まれる成分に酸化するとガム状になる物質があります。
それらがインジェクターやインマニ、インレットバルブに付着すると
作動不良の原因になり、燃費悪化や加速性低下を引き起こします。

●金属不活性剤
ガソリンに含まれている金属イオンが触媒作用でガソリンの参加を活性化させるので
この金属イオンの働きを抑制するために金属不活性剤を添加する


その他にも各メーカーにより独自の添加剤が含まれています。


他に軽油や灯油などと間違えないように着色もされてます。






無料で業界最多の最大20社の見積りが一度に取り寄せられ、具体的に比較できます!