×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

車検の達人では車検の疑問やお得になる車検&保険情報・メンテナンス・工具を紹介しています
車検の達人

車検の達人

車検とは
車検でかかる費用
車検でのチェック箇所
保険の選び方
車検の実施方法
車検か買い替えか?
廃車で得するには
PR賞品当選者続々!ホリデー車検!
「ロケットパワーにんじん君」禁断のガソリン代を安くする秘密兵器(節約向けページ)【ロハスショップe店屋.com】

ユーザー車検の達人

ユーザー車検とは
ユーザー車検の費用
車検に行く前に
ユーザー車検に行こう
ユーザー車検の予約

車の豆知識

工具を揃えよう
オイルの選び方
オイル交換判断方法
オイル交換をしよう
ワイパーゴムの寿命
ハイオクとレギュラー
交通ルール































































オイルは何を入れればよいの?

オイルにはベースオイルで大きく分かれていて

鉱物オイル
部分合成オイル
化学合成オイル

と元になるオイルの成分が違います。


鉱物オイルは性能は低いですが値段が安いです。
化学合成オイルは性能が高いですが同時に値段も高くなります。
部分合成は上の2つの中間です。値段も普通といったところです。

では化学合成オイルを入れれば2年間無交換でよいのか?というと
そういうわけではありません。
それなら値段の安いオイルを2年間で3〜4回交換するほうが
よっぽどエンジンに優しいです。


ベースオイル以外に粘度と性能でも分かれています。

粘度はSAE(米国自動車技術者協会)粘度分類

SAE粘度番号
0W
5W
10W
15W
20W
25W
20
30
40
50
60

Wがウィンター(低温側)での始動性能の高さを表してます。
数字が小さくなるほど粘度が低い(柔らかい)

数字だけは高温側での性能を表しており
数字が大きくなるほど硬くなります。

最近では2つの性能を合わせた「マルチグレード」が一般的で
10W-50など↓のように表示されます。






もう一つがAPI(米国石油協会)サービス分類でオイルの性能が分かれています。

SA→SB→SC→・・・・・SLSM(右にいくほど性能が良くなります)
最近はSLかSMが主流です。



スポーツカーやスポーツ走行する場合以外は
メーカー指定のオイルで大丈夫ですがメーカー指定は以外と値段が高いので
同じ粘度のオイルを代用すればOKです。

お財布と相談して決められたサイクルでの交換を守りましょう



ちなみにオイル粘度を低く(柔らかく)するとオイルでの抵抗が低減され、燃費が良くなります。
スポーツ走行をしない人はこれらも考慮すれば良いと思います。


オイル交換をしようにも掲載されてますが自分が使っているのは

Castrol カストロール FORMULA RS API SM SAE 10W-50 4L
 です。
高回転まで回すので高温側の粘度を重視してます。
オートバックスなどカー用品店で8000円くらいしますが
ネットだとかなり安く購入出来ます。



最近はこれも気になってます。

SAE 5W-40
100%化学合成油



どうしても燃費が気になる方は↓


「ロケットパワーにんじん君」のユーザーの声を見ると
アナタの車と同じ車に乗ってる人の感想も載ってるかもですよ
結構、人気がありオススメ商品です。










無料で業界最多の最大20社の見積りが一度に取り寄せられ、具体的に比較できます!